『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
『頭がよくなるオメガ3は、魚から』
我が家は程々に、お肉もお魚も頂きます。
子供の成長過程においても、必要な栄養素だと思います。

鮭や鯖といった深海の冷水魚はオメガ3という脂肪酸を豊富に含みます。

オメガ3には、
a-リノレン酸(ALA)
エイコサペンタエン酸(EPA)
ドコサヘキサエン酸(DHA)
の3種の主要脂肪酸が含まれています。

これらの脂酸酸は人間の脳、神経系統、目に欠かせない基礎要素である事が分かっています。
折角新鮮な魚の手に入る日本なので、お魚もっと積極的に頂きたいですね♪


ここでは、鮭のムニエル&タルタルソースのレシピです。

タルタルソースは夏に作った我が家のきゅうりのピクルスを加えました。
たっぷり野菜のソースに美味しいお魚♪
感謝して頂きます!!


野菜たっぷりタルタルソースのレシピ

材料
玉ねぎ 1個
きゅうりのピクルス 7センチ位の物 2本
ゆで卵 3個
マヨネーズ、胡椒 適量

1 玉ねぎ、きゅうりのピクルス、ゆで卵をみじん切りにします。
 玉ねぎの辛さが苦手の方は、みじん切りにした玉ねぎを
 水にさらして水気を絞って下さい。
2 1のものと、マヨネーズ、胡椒を混ぜたら出来上がり☆
  子供でも出来ます!マヨネーズの量はお好みで、
  味を見ながら入れて下さい。

  ピクルスが無い時は、パセリのみじん切りでもいいです。
  我が家は野菜をたっぷり食べたいので、
  この量を一回の食事でペロッと食べてしまいます。
スポンサーサイト

テーマ:健康、美容、ダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/02/23 10:40】 オーガニックレシピ | コメント(2) |
『手作りはっさくのマーマレード』
マーマレードを手作りすると、砂糖分を加減できてとっても健康的です!!

 我が家では、すぐ食べ切ってしまう時と、長期保存をする時とで、砂糖の分量を変えます。すぐ食べる時は、マーマレードにしては、少量の砂糖にします。
 
 パンやヨーグルトに、ケーキを作る時に入れたり、大人の味のマーマレードのレシピです♪

ほろ苦い味が、また美味しいですね

はっさくのマーマレードレシピは次の通り♡


材料(目安)…(砂糖が少ないバージョンです)

はっさく  3個(600~700グラム)
砂糖   100グラム
水    1.5カップ

1 はっさくを良く洗って、皮を剥き、薄切りにします。
 たっぷり水を入れたボールに薄切りした皮を30分位漬けます。
 中の果肉は丁寧に袋を 取り除き、果肉のみを使用します。

2 30分したらもみ洗いをして、水気を切ります。
 ほうろうかステンレスの鍋に、皮、果肉、分量の水を入れます。

3 薪ストーブの上で、水分がひたひたになる位まで、
 ことこと煮ます。
 砂糖を加え、更に30分位煮ます。
 時々、混ぜて柔らかさを確認します。
 マーマレードは暖かい時と冷えた時で固さが違うので、
 少量をお皿に取って、冷蔵庫などで数分冷やすと、
 出来上がりの柔らかさ近くなるので目安にして下さい。

この時普通にコンロで煮る時は、煮る前に3時間程水に浸して下さい。ペクチンが溶け出してトロリとなりやすいです。強火で煮立ててから、弱火で15分、砂糖を加え煮立てて、又弱火でトロリとするまで30分位煮て下さい。

一般にジャムは、長期保存する時は、果物と同量の砂糖を使用するそうです。少ない場合も果物の総量の50~60パーセントだそうです。参考にして下さい。

テーマ:もっと綺麗になるために・・・♪ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/02/11 19:29】 オーガニックレシピ | コメント(2) |
『ピーナッツバターのような大豆クリーム』
大豆の煎り豆。すっごくお勧めの食べ方があります♪

 いたって簡単なのですが、煎り豆をミルなどで粉状にします。
つまり「きな粉」です。
そしてそれを、はちみつと混ぜると、あっという間に、パンにぴったりの大豆クリーム☆ピーナッツバターみたいな味ですよ!
 
 きな粉の栄養成分は大豆とほぼ同じで、香り良く、消化も良いです。
鉄を含んでいるので、女性の味方の食品ですね。
その他の大豆成分で有名な、イソフラボンやレシチン、食物繊維なども摂取出来るので、老化防止や美肌効果もあり、さらに動脈硬化を防いでくれるそうです。

 大豆クリームなら、パンにもぴったりです。
 煎り豆から作るのが面倒な時は、きな粉とはちみつ混ぜるだけで良いですよ。
 お手製パンペースト、即出来上がり♪

テーマ:ダイエット!ダイエット!ダイエット! - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/02/06 23:28】 オーガニックレシピ | コメント(1) |
『冬の風邪を乗り切ろう』
寒い冬です。風邪が流行っています。
風邪には、養生が一番です。

寒さからくる胃腸風邪などには、玄米お粥が栄養がありやさしくていいですね。
玄米お粥はストーブの上で、じっくり半日位時間をかけると、とろとろになるので、消化機能が弱っている時の栄養補給や、回復食にはばっちりです。
始めは、ことこと煮た上澄み(おも湯)を飲み、様子を見ながら、少量ずつ食べると良いです。

吐き気があるときなどには、梅干しや梅肉エキスもおススメです。

また少し体調が戻ってきたときには、りんごをすった物や湯豆腐など良質な栄養をとるようにしてゆくと良いでしょう。

体調を崩すと、しみじみ元気が一番!!と感じます。
冬にしては、暖かかったり、急に寒くなったりなので、皆さんも気を付けて、寒い冬を乗り切って下さいね。

テーマ:食と健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2008/02/02 12:22】 オーガニックレシピ | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。